「結婚を考えるような付き合いじゃないけどセックスはしている」という状態

 一言でいうと、日本の方が「セックスフレンド」という言葉に含みを持たせすぎで、かつ偏見や後ろめたさがあるといえます。海外ではもともと「フレンド」という言葉自体、ボーイフレンドやガールフレンドと言った場合には肉体関係があることを指します。日本語の直訳である男友だちや女友だちとは意味が真逆になってしまうわけです。

 

ですから、外国でいうセックスフレンドというのは単純明快で、
「結婚を考えるような付き合いじゃないけどセックスはしている」という状態。もちろんセックスのためにつきあっているという場合もありますが、前者に近く、それでいてお互いが対等です。

 

日本では、後者に近い意味でありながら、前出の後ろめたさが影響して、恋愛してはいけないと暗くなってしまうのが問題です。海外では恋愛感情を含めて、のセックスフレンドなことも多いです。日本ほど結婚をゴールと考えている女性が少ないことも影響しているかもしれません。お互いの自由度を保ちながら、タイミングが合えばセックスを含めた恋愛をして、またバイバイする、という感じです。

このページのトップへ