日本と海外でのセックスフレンドに対する観念の差

海外と日本での交際感覚の違いは国民性の違いでもあり、それは恋人やセックスフレンド同士のスキンシップでも如実に表れています。お互いの愛の確認やコミュニケーションを比較的激しく求める海外では、性行為の回数も重要で、ベッドインの抵抗が日本人よりもありません。これはデータとしても既に実証済みであり、セックスの回数自体が日本人は少なく、セックスレスの件数も群を抜いて多いことが確認されています。

しかし、夫婦や恋人という一定のパートナー以外にもセックスフレンドという立場の関係を構築する人も中にはいて、これは日本や海外問わず存在します。

セックスフレンドの関係を望む理由として、主に二つの理由があります。

恋人では満足できない性の嗜好を満足させるために関係に発展する場合と、単純にそのスリルを味わいたい場合で、前者は長くだらだらと続く人間関係で日本人に多く、反対に後者は刹那的な関係で終わり、外国人はこれに多く該当します。性の観念は国民性も強く影響を及ぼし、それがこのような所にも出ているのです。

日本よりパーティーやクラブ文化が盛んな海外では、男女の出会いの場が多く、知り合いや仲間のツテで新たな異性と知り合う機会が幅広く存在します。アフターパーティーを自宅で開催し、そのまま盛り上がって肉体関係に発展するという展開も珍しくなく、恋人ではない性欲のみを満たすセックスフレンドという関係に陥る場合もあります。外国のセレブのようなお金持ちの家系の場合、プール付きの別荘や家を持っていることも多く、その場のノリで関係が進んでしまうことがあります。特にスペインなどでは国内の名門チームのサッカー観戦で盛り上がり、その結果出生率が高くなるといった驚きのデータも出ており、若い男女やセックスフレンド同士が盛り上がってベッドインするなど、イベントにかこつけて性関係を結んでしまう情熱的な人が多いのが特徴的です。

一方、日本人は未だに貞操観念が強い人種と言われ、浮気や不倫などは必要以上に強くバッシングされます。特定外との性関係を持つ人は海外でも批判されることはありますが、日本では世間体という言葉が示す通り世の中へのイメージが行動理念の多くを占めており、なかなか性の関係が発展しにくい文化とも言えます。

性の関係のみのセックスフレンドを持つ人は、男性ではいわゆる肉食系の人が多く、ひと昔前では色黒のクラブDJ系やサーファースタイルの男性が複数の女性との関係を持っていました。

そして今の時代多いと言えるのが、セフレ掲示板jpのようなソーシャルネットワークを通じた出会いです。

これはリアルの世界とは少し離れた空間での出会いを助長してくれるため、性行為のみに着目するセックスフレンドには非常に都合のいいメディアと言えます。現実にそういった関係性を求め、二十代の若い人から三十路以上の人妻まで、多くの人の願望や性欲を満たすことに繋がりました。

このようなネット発のセックスフレンドは、今の時代ならではとも呼べる新しい性のパートナー関係です。

このページのトップへ